KOMANEKA BISMA-SPA、ヴィラ見学とサービスのこと-

今日はコマネカビスマの仕上げとまいりましょう。まずは見学したスパとヴィラをサクッとご紹介。スパはプールからさらに一段降りたところにありました。
b0101284_20545638.jpg
これはメインプールから見下ろしたところ。ここに見える建物がスパ。このカーブしたプールに面したほうは寛ぎスペースになっていて(もしくはスパのレセプションだったのかな??)、その裏側がスパルームでした。

b0101284_205553100.jpg

シングルルームを見せてもらいました。半屋外のコンパクトなお部屋。

b0101284_20563361.jpg

お部屋は小さめだけど、バスタブはデカイ!ジャクージもついてます。
ツインルームもあって、そちらは渓谷に向かって建っていたのでたぶん渓谷ビューなのかな?(未確認です、すみません。)





b0101284_20574446.jpg

これはメインプールから見たスイートルームのあるビルディング棟。ヴィラはこの両サイドに位置しています。私は右奥にあるヴィラを見せてもらいました。
ロビーからそれほど距離はないけれど、滞在時はバギーで送ってもらえるみたいです。

b0101284_2104898.jpg

いきなりこんな写真で失礼。ヴィラに入ると一番手前にあるのがここ。半屋外のスペースにキッチンが出来る予定だそう。

b0101284_2112026.jpg
手前はデイベッドになるんでしょうね。ダイニングテーブルはスイートと同じサイズかな。

b0101284_2124838.jpg

プールはかなり長いです。ここからの眺めはスイートルームのような見晴らしはないけど、美しい緑に囲まれプライバシーがしっかり保たれています。

b0101284_2133988.jpg

お部屋もスイート同様シンプルでスタイリッシュ。

b0101284_2145228.jpg

壁際には明るいデスク。

b0101284_2154135.jpg

ベッドルームの隣のエリアには左手(プール側)にシンク、

b0101284_2161258.jpg

右手にクローゼット(が出来るらしい)。

b0101284_2171221.jpg

そして、一番奥がバスとシャワーとトイレがあります。

b0101284_2194251.jpg

ここのバスも眺めいいですよー。

b0101284_2111155.jpg

スパとヴィラを見学したのはよりによって大雨の時。晴天時の様子は残念ながらイメージしていただくしかないのですが、きっと素敵に違いありません。

最後にサービス面についてお話しします。
オープンしたてで、新米くんっぽい若い子も結構多かったのですが、その初々しさがオープン直後のフレッシュなホテルをいい意味で象徴していました。
あまりややこしいお願いなどはしなかったので、彼らの詳細な仕事ぶりはわかりませんが、とにかくみんな爽やかな笑顔で元気に挨拶してくれるのでとても気持ちがいいのです。
b0101284_0341356.jpg
(文章とは関係ありませんが、ロビーに飾られていたバリ式の門。見事なレリーフです。)

また新米くんだけでなく、他のコマネカから異動してきたと思われるスタッフもいてそういう彼らは細やかな心遣いも見せてくれたので、いざとなったら込み入ったことも安心して頼める心強さもありました。(もともとコマネカグループのホテルはサービスの高さでも定評があるようですね。)実際、頼んだことは間違いなく伝わっていて迅速に対応してもらえたし、トランスポートも頼めばすぐに送迎してもらえました。(基本は時間制なのですが、車が空いていれば時間外でも送迎してもらえます。)なので、滞在中は何も不自由を感じませんでした。

b0101284_0404978.jpg
      (黄昏時のバー)

それから驚いたことに、レセプションでもレストランでもショップでも、応対してくれたスタッフみんながなぜか私の名前を知っているのです!
馴れ馴れしくはないけど親しみを込めてA子(私の仮称)、と呼んでくれるのです。
最初、ここはアマンなのか?とびっくりしましたが、そのからくりはすぐに判明しました。
オフシーズンのソフトオープン中のホテル。そんなにゲストがいるはずもなく、おそらく数組くらいしか滞在していなかったのではないかと思います。(私が会ったのは3組くらいでした。)
その中で、アジア人はどうやら私一人。それで、アジア人のゲストを見たらA子だと思えというような指令(どんな指令よ?)が出ていたのでしょう。
でも、たとえそうだったとしても、その連絡がきちんと各セクションに伝わっていて、VIPな待遇?と勘違いさせてくれたことは素直にうれしかったです。

b0101284_0484068.jpg
(ロビーのシャンデリア。最初はウブドでシャンデリア?ってその意外性に驚いたけど、不思議にマッチしていました。)

それから私にとって何よりありがたかったこと。それは日本語を話せるスタッフが結構いたことでした。日本に住んでいたというスタッフもいたし、ザ・レギャンに5年間いたというベテランの方も少し話せたし、ただいま勉強中という人もいました。

また、ターンダウンやチェックアウト時は新米くんに中堅のスタッフがついてきて、新米くんの仕事ぶりを中堅が見守り、いろいろ指示していました。
系列や有名ホテルから来た優秀なスタッフがしっかりサポートしつつ、新人の教育に当たるのを見るにつけ、頼もしいなー、将来が期待出来るよなーと思ったわけです。

ただ、私が滞在したのはオフシーズン。
もしかしたら、年末年始の繁忙期などはスタッフの手が回らなくなることもあるかもしれません。トランスポートも基本は時間制だということをご承知おきくださいませ。

このホテルにはまたリピートして、どのような歴史を刻んでいくか見届けて行きたいホテルになりました。
[PR]
by bettina777 | 2008-12-09 01:43 | バリ-ホテル-


シチリア&バリレポ同時進行中


by bettina777

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつれづれ
バリ
バリ-ホテル-
バリ-スパ-
バリ-食-
イタリア
香港
香港-ホテル-
香港-食-
モルディブ
モルディブ-ソネバフシ-
国内-ホテル-
国内-お宿-
国内-食-
国内-ぶらぶら-
おうちごはん
クリスマス
ひとりごと
アニキ
モケちゃん
未分類

最新のトラックバック

ワンダフルルーム?@W ..
from minum kopi lagi?
今日はバリルネ@外苑前
from Kesayangan!
バリ飯&青トマトのマリネ..
from Back to Back
The Luxe Man..
from まんぼトラベル
Karma Kandar..
from カユマニスの香りに誘われて
KARMA KANDAR..
from カユマニスの香りに誘われて
KAYU MANIS U..
from * Happy Slow L..
Aquaterrace ..
from カユマニスの香りに誘われて
ときめきの時間~Karm..
from * Happy Slow L..
思い出は pricele..
from カユマニスの香りに誘われて

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...

フォロー中のブログ

じぶん日記
minum kopi l...
portagioie
BAGUS!
それいけ!めんたいこちゃ...
Kesayangan!
ウブドな日々
もひょつんち
ぷかぷか
ばりぼ~♪
***よくばり***
アソビザカリ
渡バリ病棟
il diamante
天国の入り口
VAMOS!
マシマシライフ
ばりちゅう
もっと歩々晴天
Pieces of Bali
道楽のススメ
bunga☆bunga
マーブル日記
Sky is the l...
まんぼトラベル
ウブドの宿Runa Gu...
マジカル☆キャットのまた...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
* Happy Slow...
カユマニスの香りに誘われて
a window
ジェット機に乗って

マイリンク

検索

タグ

(188)
(71)
(34)
(30)
(26)
(26)
(26)
(25)
(23)
(21)
(16)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(6)
(5)
(3)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧