カテゴリ:バリ( 68 )

愉快なお宿、ルナゲストハウス訪問

ウブドでルナゲストハウスの女将、ケメさんにお会いしてきました。
gunungさんとリアルのお友達ということで勝手に親近感を抱いていたものの、ケメさんのブログにはコメントを入れたことはありませんでした。
でも、渡バリ直前にやっぱりお会いしたくなり、突如アポを取ってお邪魔することとなりました。
あまりに急だったので、住所を控えてくるのも、この道案内トピをプリントしてくるのも忘れて来てしまいました。
頼りになるのはそのトピの記憶のみ。(しかも1度見ただけ。)
その写真にあった景色を思い出しながら、車で探します。
b0101284_21474729.jpg

メインの通りから、横道にそれたら最後は農道を徒歩で行くのですが、うーん、こんな感じだった・・・ような気もする。とりあえず行ってみますか。
あ、ワンコが振り向いた、吠えないでよ~。(ニガテなの。)

More
[PR]
by bettina777 | 2009-04-26 00:24 | バリ

バリスのダンサーにゾッコン♪-Nritta Dewi-

気がついたら2週間も更新止まってました。
ずっと気がかりなことがあって何も手につかなかったのですが、もう解決です!

ウブド滞在中にNritta Dewiというグループのダンスを見てきました。
バリ舞踊、興味はあるのになかなか見る機会に恵まれません。
そのため、解説出来るほどの知識もないので詳細は省略しますがご容赦を~。

カデ・デウィ・アルヤニさんという有名なダンサーが率いるこのチーム、まだ歴史は浅いようです。
なかなか意欲的なプログラムで、伝統的なバリ舞踊からコンテンポラリーダンスまで見ることが出来ます。

b0101284_22113572.jpg
真ん中の女性がそのカデ・デウィさんかな。とても美しくスタイルも抜群。
【訂正】すみませーん、ここにはカデ・デウィさんは写ってないそうです。
【訂正の訂正】カデ・デウィさんに踊りを習われたyoyoyaさんのご指摘により、最初に書いたとおり、真ん中の女性がカデ・デウィさんであることが判明しました。
b0101284_21484684.jpg

この中央の方だそうです。(汗)この写真では左の方がカデ・デウィさんです。
訂正に次ぐ訂正で失礼しました。私がきっちり調べずに、あいまいなままレポしてしまったばっかりに、こんなグズグズなことになっちゃいました。関係者の皆様、大変ご迷惑おかけしました!いい加減な知識と記憶だけを頼りにアップするものではありませんね、もっと勉強してから出直します。(涙)

More
[PR]
by bettina777 | 2009-04-20 22:45 | バリ

2008.11バリ旅ダイジェスト版

昨日の予告通り、今日は11月バリ旅のダイジェスト版をアップしますね。既にお話ししたとおり、今回は4ヶ所に滞在しました。サヌール3泊、ウブド2泊、スミニャック2泊、ジンバラン2泊。パッキン大嫌いのズボラーなくせにあちこち泊まりたがる困ったちゃん。もっと1ケ所でゆっくりしようよと思うけど、結局こういう選択になってしまうのです。では泊まったホテルを中心にスパやオフのことなども簡単にご報告します。もちろんうまうまワルンも何軒か突入しましたが、それはまた別途アップしていきますね。

その前に昨日一番の話題に触れるのを忘れてました!レートのこと。
私が滞在中にもどんどん下がりました。最終日には126!しかも空港で、です。一体どこまで行くのでしょうか。

さて、では本題に入りましょう。

:::::サヌール::::: 3泊

*ホテル*  
ホテル選定時、オンザビーチの節約ホテルを探すも希望のホテルはなんとどこも満室!唯一空いていたこのホテルに宿泊。以前、プールが気になってお庭だけ見学したホテルでした。実際に滞在して細かいことを言えばいろいろあったけど、基本的には問題なく過ごす。

b0101284_2103659.jpgb0101284_211048.jpg

*スパ*
出発前に唯一手配したスパへ。
きっかけはこの方のレポ。ここは技術も優れていたけどそれより総合的な印象がとてもよかった。
施術後にお会いしたオーナーご夫妻も噂通りに親切な方々で、それもまた癒しにつながったのよね。

*ホテル見学*
ヌサドゥアのホテルをいくつか見学。その中には今回泊まるはずだったあのホテルも。この方の情報により滞在を見送ったものの、やはりそのゴージャスさには圧倒。いつか必ず泊まるぞ!と心に誓う。(でもヴィラはムリっす・・・)後日、再度ディナーに訪れる。夜もまた素敵♪
b0101284_21121440.jpgb0101284_21122814.jpg


続きはこちらから~
[PR]
by bettina777 | 2008-11-27 22:45 | バリ

昨日帰国しました!

昨日バリより帰国しました。
今回は節目のお休みということで珍しくこんなオフシーズンの渡バリが叶いました。そして私にとっては長めの9泊。それなのにいつものクセでちまちまと4ヶ所に滞在しました。
たまにはダイジェストをアップしようかと思ったら記事作成に案外時間がかかりそうなので、今日はとりあえず帰国のご報告のみ。
晴れの日が多かったのですが、雨季らしい雨も。しっとりと濡れる緑もまた美しかったです。
b0101284_22394566.jpg


基本はのんびり、時々ショッピングやホテル見学、オフ会もありで楽しく過ごしました。こんなに充実した旅になったのも現地でお会いしたブロガーさん、出発前に相談に乗っていただいたブロガーさん、そして代理店さんやチャーターしたドライバーさん、ホテルのスタッフの皆さん、みんなのおかげです。
ありがとうございます!
人は一人では生きていけないとはよく言いますが、人は一人では旅は出来ない、それがたとえ一人旅だとしても。そう思えた今回の旅でした。

テロの噂がありましたが、特に目立った動きなどは見受けられませんでした。
人が集まるところではいつもよりセキュリティチェックが厳しかったかなと感じた程度です。
でも、これから出発される方は一応出来る限りの注意は払ってくださいませね。

もう少し詳しい報告は明日のダイジェストをお待ちください!
[PR]
by bettina777 | 2008-11-26 23:31 | バリ

休止&復活宣言

またしても2週間のご無沙汰でした。
半月ぶりアップのその内容はというと・・・・・・

えー、私、しばらくをブログを休止致します。(既に休止同然だけど。。)

なぜなら・・・今日からバリへ旅立つからです~!エヘッ。

ここ最近更新出来なかったのも、旅の手配や準備に追われていたからなのでした。
いや~今回の手配はいつも以上に手こずったー!
夏のレポが中途半端なまま出発するのは心残りではありますが、帰国したらきっと新しいレポから始めてしまうんだろうなぁ・・・。
とにかく帰国したらブログも完全復活しますことをここにお約束して旅立ちます。
(でもでも、ペースはやっぱりのんびりかもっっ!)
彼の地は何やら不穏な動きがあると聞きますが、油断はせずに、でも出来るだけ気ままにのんびりしてくるつもりです。
私にとっては初めての本格的な雨季の滞在。
バリ本来の顔である、熱帯の空気を満喫してきます。
b0101284_2163260.jpg

[PR]
by bettina777 | 2008-11-15 02:30 | バリ

キンタマーニ経由スミニャックへ

スンビランで絶景を堪能した後はキンタマーニを目指しました。
この村からそのまま高原へ抜けることは出来ないそうなので、一旦北部の海岸沿いに下りて、Bondaremという村から再度上っていくことになりました。
スンビランと同じように山道を上るわけですから、またあの絶景が見えるのかと思いきや、傾斜がなだらかな上に、海からどんどん遠ざかって行ってしまうため、あまり眺望は望めませんでした。

b0101284_20211590.jpg

どんどん山道を進み、かなり標高が高くなってきました。
ガスっていてまるで日本の高原のよう。
b0101284_20214926.jpg

みかん畑もありますよ~。バリとは思えないような景色が続きます。

そしてキンタマーニ到着
[PR]
by bettina777 | 2008-10-03 01:18 | バリ

心に残る景色

スパヴィレッジネタ、ちょっと引っ張り過ぎたので、そろそろ先へ進めましょう。チェックアウト後最後の宿泊先は南部。でも往路と同じ道は行かず、さらに北へと進み、またあちこち立ち寄りつつ、キンタマーニを経由して戻ることにしました。

b0101284_22143195.jpg

これはテンボック近辺の道。海は見えないけれど、緑の多い長閑な通りです。

b0101284_19242536.jpg
そして、最初の目的地に向かいます。先ほどの通りからキンタマーニ方面に向かって、険しい山道を上ってっていきます。

b0101284_2215914.jpg
到着したのは小さな山村。でも目的地ではここではなく、ついでに立ち寄っただけ。

b0101284_22154311.jpg
この集落はスンビラン(Sembiran)というバリアガの村です。ほんとにちょっと垣間見ただけなので、詳細は不明ですがトゥンガナンのような特徴のある村ではないようでした。この日は村人総出で道路の舗装工事をしていました。


b0101284_19163659.jpg

この村までの道のりはかなりの急勾配。海岸沿いの通りから10分もかからずに着くのですが、急な坂を一気に上がるため、天空に浮かぶ村といった一種不思議な感覚を覚えました。この写真では傾斜の様子がわかりませんが、高いところから村を見下ろすと先端がスコンと落ち込んで、その向こうには海がうっすら見えているのが分かります。
バリアガの村に、なるべくしてなったという気がします。
(バリアガについてはこちらの解説が分かり易いかと思います。)

b0101284_22193918.jpg

子供達はどこへ行っても屈託がないですね。でも最初は私達のこと、ものすごーく警戒していたんですよ。いきなり車で乗り付けて写真を撮り始める怪しい外国人は警戒されて当然か。
ほんとはこの村にもかなり興味をそそられたのですが、いつものように先を急ぐ旅人だった私達はほんの10分足らずで、この村を後にしました。
また、いつかゆっくり訪れて、村の暮らしぶりなども覗いてみたいです。

そして、本当の目的は・・・
[PR]
by bettina777 | 2008-09-28 00:57 | バリ

東部で出遭った光と影

アメドを後にして、海岸沿いを今度は北上、今日の宿泊先へと向かいました。
しばらく進むうちにこのような光景↓が目に入ってきました。
b0101284_2053321.jpg

b0101284_2055622.jpg

あたり一面荒涼としていて、まるで砂漠のよう。

b0101284_2062813.jpg
かろうじて生えている椰子の木も幹が細く葉もまばら。奥の方に見えている木などはまるで細筆のようです。Pちゃんがアメドよりもっと雨が降らない地域があると言っていたのはここのことかしら?いくつか河川らしき跡はあったけれど、いずれも完全に枯渇している。
あまりの寂寞さにベッティーノと二人で絶句。これもバリなの?
b0101284_0353261.jpg
いくらなんでも、こんなところに人は住んでないよな、と思ったら民家が見えた。
そう言えばアリラのHPに東部の村への支援活動の話が載っていたのを思い出しました。(コチラコチラ)その時はほんとに軽く目を通しただけだったので、「アリラも地域に貢献してるのね~。」ぐらいにしか思わなかったのですが、帰国後、その村の窮状ぶりを詳しく知ってすっかり胸が痛くなりました。(詳細な状況についてはTHE EAST BALI POVERTY PROJECTという団体のHPをご覧ください。)←こちらで紹介されている村はこの周辺にあるのではないでしょうか。
ほんの1時間あまり車を走らせれば、青々とした田畑が広がっているというのに、この地域には貧しい暮らしを余儀なくされ、栄養と水不足に苦しみ、教育もほとんど受けられない村があるという事実。そのギャップがにわかには信じられませんでした。
バリ島は決して裕福ではないけれど、誰もが日々の食べ物には困らず、神々と共に生き、精神的には十分豊かな暮らしをしているんだと勝手に思い込んでいた自分の無知を恥じました。
おこがましいようだけど「少しでも力になりたい。」素直にそう思った。
まずは自分の出来ることから始めていこう。


さて、少ししんみりしてしまったところへ突然、人だかりが目に入ってきました。
b0101284_20253719.jpg


なんだ、なんだ何事だっ?!
[PR]
by bettina777 | 2008-09-12 20:38 | バリ

遂にアメドへ

一部のブロガーさんの広報活動にすっかり乗せられ(笑)、ずっと行きたくて、でも遠くてなかなか果たせなかったアメド訪問。
今回、遂に念願叶いました!
でも、1泊もせず、滞在時間はわずか数時間。
当然、アメドを堪能出来るはずもないので、今回は長期滞在中のPちゃんとランチすること、
これを主な目的にしました。
ついでにビューポイントにも立ち寄れればいいなぁと思ったけど、さすがにそれは果たせませんでした。。。


まずアメドに到着して村の入り口で見たそのビーチは・・・・






       どーんより
b0101284_20255761.jpg
ああ、なんてことでしょう!ついてないわ~。(泣)あの青い海はいずこ・・・。

b0101284_2026491.jpg

ジュクンがずらりと並んでいる様子は圧巻。これを見れただけでもよしとしましょう。

気を取り直して最初の目的地Pちゃん邸へと向かいます。
一本道だっていうのに迷いながらようやく到着。
b0101284_09489.jpg

b0101284_018525.jpg

(これらの写真は最後に撮ったもので、到着時はやっぱりどよよーんとしてました。)

そして、車をつけると、つややかな長い黒髪が印象的な大和なでしこのPちゃんがご登場。今まで渡バリが重なることもあったのに、滞在先が離れていたりしてなかなかお会い出来ず、ようやくの対面となりました。

b0101284_20291893.jpg
B&BにもなっているPちゃん邸。お部屋も是非見せてもらいたかったのだけど、ゲストがいたためそれも叶わず。。。(もちろん経営的にはお客さんが入ってラッキー!なんだけれど。)
でも、このようにワンフロア下からの眺めでも十分にすばらしかったです。そうは言っても、このイケてない写真ではPちゃんに申し訳ないので、このお宿The Aquaterraceの美しい写真は是非HPでご覧ください。
ゲストでもないのにウェルカムドリンクをいただいちゃった。おいしかった!
そして、第二の目的地ランチ会場へ。

向かったレストランは・・・
[PR]
by bettina777 | 2008-09-12 00:00 | バリ

東部への道のり

ウブドネタはまだあるのですが、とりあえず旅程を先へと進めましょう。
ウブドから向かった先は東部エリア。
東部はスマラプラまでは行ったことがありますが、今回は東端を目指します!
今日はそんなドライブ途中の景色をアップします。
前もって言い訳させていただくと、この日はお天気があまりよくなかった上、ほとんどが車窓からの撮影につき、いただけない写真ばかりで、せっかくの見所も魅力半減になってしまっていますが、よかったらおつきあいくださいませ。

b0101284_19424679.jpg
途中いくつかのウパチャラも見かけました。


b0101284_19432891.jpg
ペンジョールにアンパンマンがぶらさがってる・・・わけではありません、言うまでもなく。
約半月後にはクニンガンを控えていたので、ペンジョールはこの後もあちこちで見かけました。ドライバーさん曰く、田舎ほど準備が早いのだとのこと。彼はデンパサールの人なので、まだなーんにもやってないって言ってました。

b0101284_1943596.jpg
これはまるで七夕の飾りのようなペンジョールでした。とってもかわいい。

b0101284_19464326.jpg
おっとこれはgunungさんのところで見た景色だぞ!ぶっとい電線が邪魔なんですけど~。(泣)


b0101284_19471878.jpg
アップにするとこんな感じ。田んぼと椰子の林と海。なかなかありそうでない組み合わせです。

もっと先へ進みましょう。
[PR]
by bettina777 | 2008-09-10 21:44 | バリ


シチリア&バリレポ同時進行中


by bettina777

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつれづれ
バリ
バリ-ホテル-
バリ-スパ-
バリ-食-
イタリア
香港
香港-ホテル-
香港-食-
モルディブ
モルディブ-ソネバフシ-
国内-ホテル-
国内-お宿-
国内-食-
国内-ぶらぶら-
おうちごはん
クリスマス
ひとりごと
アニキ
モケちゃん
未分類

最新のトラックバック

ワンダフルルーム?@W ..
from minum kopi lagi?
今日はバリルネ@外苑前
from Kesayangan!
バリ飯&青トマトのマリネ..
from Back to Back
The Luxe Man..
from まんぼトラベル
Karma Kandar..
from カユマニスの香りに誘われて
KARMA KANDAR..
from カユマニスの香りに誘われて
KAYU MANIS U..
from * Happy Slow L..
Aquaterrace ..
from カユマニスの香りに誘われて
ときめきの時間~Karm..
from * Happy Slow L..
思い出は pricele..
from カユマニスの香りに誘われて

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...

フォロー中のブログ

じぶん日記
minum kopi l...
portagioie
BAGUS!
それいけ!めんたいこちゃ...
Kesayangan!
ウブドな日々
もひょつんち
ぷかぷか
ばりぼ~♪
***よくばり***
アソビザカリ
渡バリ病棟
il diamante
天国の入り口
VAMOS!
マシマシライフ
ばりちゅう
もっと歩々晴天
Pieces of Bali
道楽のススメ
bunga☆bunga
マーブル日記
Sky is the l...
まんぼトラベル
ウブドの宿Runa Gu...
マジカル☆キャットのまた...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
* Happy Slow...
カユマニスの香りに誘われて
a window
ジェット機に乗って

マイリンク

検索

タグ

(188)
(71)
(34)
(30)
(26)
(26)
(26)
(25)
(23)
(21)
(16)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(6)
(5)
(3)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧