カテゴリ:バリ( 68 )

ニュピごっこ

オゴオゴネタの翌日と言えば、バリのお正月、ニュピも取り上げなければいけません。
って、あーあ、もう日付が変わってしまいました。
でも、外出禁止が明けるのは翌朝6時ですし、まだ有効ということでニュピネタで押し切らせていただきます!
この日は外出禁止以外にたくさんの禁忌事項があります。

仕事も禁止
電灯や火を使ってはいけない
大きな音を立ててもいけない
etc・・・
ほんとは食事も(当然お酒も)断つのだそうです。

何もせずただひたすら沈黙を守って過ごす新年。
我が家では気分だけでも浸ろうと、テレビをつけず、電灯の代わりにロウソクを点して過ごしています。
うちの周囲は車通りも少なく、静寂が保たれていて十分厳かな気持ちになれます。
バリから遠く離れたこの寒空の都会でも、案外疑似体験出来るものですね。
こうして、瞑想するようにバリに想いを馳せるのもいいものですわ。

でも、こうしてPC使ってては意味がありませんね。(汗)
一応この記事アップしたら、PCも閉じます。(そしたらもう眠るしかないか・・・。)

b0101284_21555566.jpg

これは昨年のニュピの写真。宿泊していたカユマニスジンバランのレストランです。
当たり前ですが、ニュピの夜は漆黒の闇なので、それらしい写真って撮りようがないのです。ということで、昨年もアップした一枚で失礼。
厨房から漏れるこの灯り以外はただただ暗黒の世界。
テーブルに置かれたロウソクの淡い光だけを頼りに、目を凝らしながら夕食をいただきましたっけ。

みなさまも穏やかにニュピの夜をお過ごしくださいませ。
[PR]
by bettina777 | 2008-03-08 00:33 | バリ

オゴオゴを想う

本日バリは、オゴオゴでした。(あー、もうちょっとで終わっちゃうー!)
私が初めて体験したのは昨年のこと。(その様子はこちらとかこちらをご覧ください。)
1年前はあの熱狂と混沌の真っ只中にいたんだと思うと、懐かしさがこみ上げてきます。

b0101284_20461948.jpg

これは当日の昼間、ウブドからジンバランへ移動途中に出会った、本番を待つオゴオゴ。
これ、剣をつかむ腕一本だけで支えているんですよ!すばらしい出来栄えです。
この通りに並んでいたものはどれも完成度が高かったな。(詳しいエリアは不明)


そして、忘れちゃいけないデンパサールのカデさんチーム。昨年はオゴオゴオーソリティのgunungさんとご一緒させてもらいました。その彼女が毎年通い続けているカデさんチームのお宅にお邪魔し、見物も同行させてもらったのです。
b0101284_20505045.jpg

オゴオゴにまたがるボク。彼はこのまま出発して行きました。立派にチームの一員です。
誇らしげなようなちょっぴり不安げなような表情。

b0101284_2050365.jpg

チームのメンバーをパレード中にパチリ。(ブレブレ失礼)
今年もみんな元気に駆け巡っているのかな~とちょっぴり感傷的になっていたら。
gunungさんのところでこんなトピが
あ~、懐かしい面々!(泣)
って言っても、私はイネ語は全く話せないので、昨年お邪魔した時もほとんどコミュニケーションは取れなかったのです。

それでもね、思い出してしまうのです、
     
  :::オゴオゴにまたがったあのボクが、カデさんの膝に乗せられて「キミは重いなぁ」
     みたいなことを言われた時にひとこと、「SUMOU」ってつぶやいたこと。
     (SUMOU=相撲のこと。太ってる人のことをそう呼ぶのが流行り?だったらしい)
  :::一緒にオゴオゴ見物してた女の子が「オゴオゴ来た!」って叫ぶので、
     あれ?日本語話せたの?と思ったら、実は「Ogoh-Ogoh kita」(イネ語で
     「私達のオゴオゴだよ!」)だったこと。
  :::親切にしてくれたカデさんの奥さんに唯一知っているバリ語で、
    「マトゥルスクスマ!」(ありがとう!)って言ったらものすご~く喜んでくれたこと。

そんなたわいもないことひとつひとつを。

b0101284_20534559.jpg

      またいつか帰りたい。
      島中が何かに突き動かされたかのように熱狂するあの蒸し暑い夜に。
[PR]
by bettina777 | 2008-03-06 23:54 | バリ

憧憬

誰もが一目を置く絶対的存在の彼に憧れて南国へ行くのだけれど、
その強烈過ぎるキャラクター故、一日中つきあっていると、時にぐったりしてしまう。
b0101284_2134414.jpg


なんでこんなとこ来ちゃったんだろうと後悔し始める頃、まるでそれを察したかのように
彼もフッと気を抜く。
その瞬間こそ、ワンマンショーの始まりだ。
b0101284_21363339.jpg


More
[PR]
by bettina777 | 2008-01-30 00:46 | バリ

もうひとつのトレッキング

前回のレポ、FSSのトレッキングのあと、節約のためソトアサに出かけた私達。(この朝食についてはまた別途レポします。)その帰りにFSSのお隣のホテル、サヤンテラスリゾートへ立ち寄りました。
このホテル、老朽化が進んでいて肝試し気分を味わえるお宿(?)として有名のようですが、敷地内はおっかなくても、景色だけは絶景だと聞いていました。なので、インスペクションと称してその眺めだけ楽しんで来ちゃおうというずるっこい狙いがあったのです。

どこがレセプションかな?とウロウロしてると声をかけてくる若い男性がいました。
こっちだよーと言うのでついていくとあれれ?なんかホテルが遠ざかってるように思うんだけど。。。彼は「景色が見たいんでしょう?この先がきれいだよ」と言います。なんだ、ホテルのスタッフじゃなかったのね。
なんかちょっとイヤな予感と思いながらも眺め見たさについていくと・・・
b0101284_19572750.jpg


b0101284_18501845.jpg


   ↓奥に見えているのはFSSのロビーフロア
b0101284_18503750.jpg

これは写真集かポストカードでも見たことのある景色じゃないですか。ほんときれいだわー!
FSSからの眺めはただひたすらジャングルだけが広がるどちらかと言うと日本画に通じるような静けさ漂う景色でしたが、こちらはまさにバリ絵画そのもの、アユンリバーが大きく蛇行し、とてもダイナミックです。いいもの見せてもらったわ、ありがとう!

しかし、にわかガイドの彼はまだ先へとずんずん進みます。
「ちょっと待ったー!今日はチェックアウトだからこれからパッキングしなきゃなんないの。そんな遠くまで行ってる時間はないのよー!」と言うと、
「だいじょぶ、30分くらいだから。川べりを歩いてFSSに戻れるよ。」と言います。
どうせ最後に「ハイ、お代はRp○○」と言ってくるに違いないとは判っていましたが、なんかちょっと楽しそう、という好奇心が勝ってしまいついていくことにしました。

道はどんどん下り、畑に出ました。b0101284_1901327.jpgb0101284_1902940.jpg
畑を抜けるとちっちゃなわんこやかわいい牛がいました。

さらに進み、川べりにまで出てきました。

その時、ガイドくんが言ったひとこと。
[PR]
by bettina777 | 2007-11-22 01:03 | バリ

ライステラス対決

今日は前回のドライブの続きですが、ライステラス対決という形をとります。

まず、こちらは今年の5月に訪れた東部にあるブキッジャンブルのライステラス。
(大きめの画像はいずれもクリックすると拡大されます。)
b0101284_21533977.jpg

これは眺望がいいとされるレストランからの眺め。
もしかしてもっと間近に見られる穴場のスポットがあるのかもしれませんが、ここからだと少し遠方から眺める形になるのでなんだか物足らず。

b0101284_21552529.jpg

むしろ反対側の眺めの方が好きだったかも。山あいの景色が新鮮でした。

b0101284_2157412.jpg

アグン山も山頂をちょっとだけ覗かせてました。

b0101284_2158783.jpg

これは近くの見晴らし台より。南方面を見下ろしたところ。
田圃は手前に少しあるだけですが、遠くに海も見えてこちらの方が広がりがあっていいかも。

b0101284_22224291.jpg

全然見ごたえのないパノラマ画像ですが、こんな眺めです。

この後が前回の続き。
[PR]
by bettina777 | 2007-10-28 23:07 | バリ

中部をドライブ

カユヌサをチェックアウトした後は一路中部へ。
次の宿泊先はウブドでしたがこの日は車をチャーターしたのでもう少し北上してきました。
車はただひたすらまっすぐ、なだらかな傾斜の道を上っていき、到着したのはパチュン。
眺めのいいレストランでランチを取ります。
レストランからのビュー。↓この写真じゃ全く伝わりませんがなかなかのスケール感です。
b0101284_219323.jpg


この日はあいにく快晴とはいかず。出発時はもうちょっと晴れていたのに、やはり標高が高くなるとお天気も変わりやすいのかな。

b0101284_21102487.jpg

     霞んではいるけど、かろうじて海まで見渡せました。

b0101284_2111740.jpg

食事はこういう観光地のレストランにありがちなバフェスタイルです。お味はまぁそれなりで。

さらに北上します。
[PR]
by bettina777 | 2007-10-27 00:46 | バリ

ヌサドゥアビーチも楽し!

サヌールに続き、東海岸の魅力を探るシリーズ第二弾。(いつの間に)
ヌサドゥアビーチです。
これまた同名のホテルがありますが、あくまでビーチの話ですのであしからず。

サヌールのあとはヌサドゥアに2泊しました。もちろんこちらも初めてのエリア。
ヌサドゥアのビーチと言えば、白い砂浜に美しく青い海・・・
と絵に描いたような南の島のビーチを想像していたのですが。

b0101284_2003741.jpg

    あらま、海草がぎっしり。これでは泳ぐことも出来ませんわ。
    ヌサドゥア全域がこうなのかしら?この辺りだけ?

b0101284_2023611.jpg

砂浜は確かに白いけど、私の求める青海原よいずこ。。。
もちろん泳ぐ人は皆無。でも、なんだかみんな一生懸命海の中を覗き込んでいます。
海草でも採ろうとしてるのかしら?でも覗いてるのは欧米人ばかり。
彼らは海草ってあんまり食べないんじゃなかったっけ?

b0101284_20689.jpg

白鷺発見。静かに歩みを進め、何か獲物を狙っているようす。ということは生物がいるのね?

見れば欧米人にまじって地元の漁師のおじちゃん達も何か捕まえてます。

おじちゃんにどんなものが獲れたか見せてもらいました。
[PR]
by bettina777 | 2007-08-23 20:58 | バリ

サヌールビーチは楽し!

同名のホテルもありますが、今日はビーチのレポです。

サンセットフェチのため今まで西海岸ばかりに滞在していたのですが、今回東エリアにも初潜入てみました。合計3泊。その間、一度はサンセット鑑賞に出かけましたが、それ以外は夕陽が見たくてムズムズすることもありませんでした。西エリアにいると夕方頃からもうソワソワし始め、何をしてても落ち着かなくなってきちゃうんですよね。
それに、東ではサンセットの代わりにサンライズを楽しむことが出来ます。
日本では超低血圧の私も、バリでは早起き体質になるので朝陽が苦もなく見られるのです。

で、サヌールのお話。

b0101284_1722773.jpg

到着日1晩だけでしたが、サヌールのオンザビーチのホテルに宿泊しました。
まだ薄暗いうちから部屋を抜け出し、あさんぽ開始です。
b0101284_16554949.jpg

この日はあいにく雲が多くてきれいには焼けませんでしたが、こんな景色を一日のスタートに見られるのは東ならでは。

そして、このサヌールの町。私はとっても気に入ってしまいました。
b0101284_1715453.jpg

なんと言ってもこのビーチ沿いの遊歩道。
ホテルやワルンが立ち並ぶ賑やかな通りは恰好のあさんぽストリートです。

ほな、ぼちぼち行きまひょか。
[PR]
by bettina777 | 2007-08-22 22:21 | バリ

出発前の騒動-完結編-

既にお話したとおり、今回は渡バリ前に予想外の事態が発生したため、往路は一人旅となってしまいました。
今日はその辺りのいきさつを書こうと思います。
ごく私的な話題なのでつまらなくてごめんなさい。

【出発まで】
7月下旬、ベッティーノは5日間の予定で海外出張(日本から近いとこ)。
出張中に別の国で問題が発生し、そのまま拉致られる。
トラブルはいっこうに解決せずズルズルと4回も帰国延長。
留守番の私は渡バリ前に帰国出来るのかと毎日やきもき。眠れない日々を過ごす。
最悪、出発日(12日)の早朝に成田に戻れれば乗り継げる、といういちるの望みもむなしく
とうとう戻って来れない事が確実に。(それが決まったのは前日の話)
私はベッティーノのGAチケットをキャンセルしたり、バリからの復路の空席があるか確認したり(もちろん満席でした)、出張先からバリへどのような便があるのか、また空きがあるのかを問い合わせたりとおおわらわ。
ベッティーノは成田へは戻れなかったものの12日にバリへ直行することは可能になったのでチケットを取る。成田発GAに近い時間にDPSへ到着する便もあったが、満席につき早朝便利用となる。

【出発当日】
ベッティーノ、朝4時に出張先のホテル出発。昼過ぎにはバリへ入り、ホテルにチェックイン。

私もほぼ寝ずに朝を迎え成田に。(ベッティーノ分の荷造りもあったのでね)
そんな私に用意されたGA機内のシートはこちらでした。
b0101284_224117.jpg

足が伸ばせてラクラク~♪
しかも扉にも近かったおかげで、到着後ほんと助かりました!
というのも予定より早く着いた(確か16:40くらいだったかと)のに、入国審査には既に別便の
乗客達による長蛇の列が出来ていたのです。
ほぼ一番乗りでVISAを購入したものの、結局1時間以上イミグレで足止めを食らいました。
でも後方の席だったら、もっともっと時間かかってたでしょうから不幸中の幸いでした~。
(思うに女性の一人旅だと席が優遇される率は高くなるのでしょうか?3月のときも満席に近い状態だったにもかかわらず、往復とも私の隣は空席だったんですよ。)

そして、ベッティーノは現地ガイドさんよろしく空港で私をお出迎え。
3週間ぶりに感激の再会・・・と思いきや
ノ「いらっしゃーい」
ナ「おかえりー」
とワケのわからない挨拶を交わすとんちんかん夫婦。
とにかくお互いの無事の到着を喜んだのでした。
また満席と言われ続けた帰国便のチケットも、Cクラスながらゲット出来たとのことで、
ようやく一連の騒動に終止符を打つことが出来ました。。。

そして、到着早々タイチョと5月以来の嬉しい再会を果たし、ニクイあんちくしょう(?)との感動の対面(その話はまたいずれ)もあり、全ての疲れも吹っ飛んだのでした。
で、吹っ飛びついでにブッとんだブツも発見。

b0101284_2344521.jpg

アハハ、なんちゃってノンノンだー!(知らない方はいらっしゃらないと思いますがムーミンの彼女)ま、バリではこういうのありがちだよね。

でも側面を見て、衝撃の事実が明らかに。
[PR]
by bettina777 | 2007-08-21 20:37 | バリ

なんとか無事に

ただいまー!今朝、バリより帰国しました。

b0101284_2229197.jpg


おかげさまでベッティーノとも無事に現地で落ち合うことが出来、また彼の帰国チケット確保
にも成功しました!
(さすがにYは無理でCになっちゃったけど希望日が取れたので万々歳です。当初、出張先の国では全て満席って言われたのに、ングラライのGAカウンターではあっさり取れたそうです。)
ということで、現地集合以外は予定どおりにスケジュールをこなすことが出来ました。
出発前はどうなることかと思ったけど、なんとかなっちゃうもんですねぇ。

今回の旅は最高級のホテル訪問(泊まってはいません)から超ワイルドな体験まで、
バリエーションに富む滞在となりました。
ホテルも小刻みに4ヶ所に泊まり歩いたので、いろいろレポ出来そうです。
またマイペースにアップしていきますね。

そして。酷暑の日本でお留守番だった皆様にはほんとに申し訳ないのですが、バリは
とっても涼しかったです!
たぶん行かれた方々が一様におっしゃっていることでしょう。
ウブドはもちろん南部でさえも爽やかな風が吹きぬけ、大変しのぎやすかったです。

でも、快適な思いをし過ぎてバチが当たったのか、あるホテルでダニ被害に遭って
しまいました。(いえ、決してロスメンとかではなくて。)
夫婦共々やられたのですが私はもともとアレルギー持ちなので、かなり重症。
痒くてたまらないし、見るも無残な有様になっています。
明日から仕事。出社がますますユウウツになりそうです、トホホ。
[PR]
by bettina777 | 2007-08-19 23:04 | バリ


シチリア&バリレポ同時進行中


by bettina777

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつれづれ
バリ
バリ-ホテル-
バリ-スパ-
バリ-食-
イタリア
香港
香港-ホテル-
香港-食-
モルディブ
モルディブ-ソネバフシ-
国内-ホテル-
国内-お宿-
国内-食-
国内-ぶらぶら-
おうちごはん
クリスマス
ひとりごと
アニキ
モケちゃん
未分類

最新のトラックバック

ワンダフルルーム?@W ..
from minum kopi lagi?
今日はバリルネ@外苑前
from Kesayangan!
バリ飯&青トマトのマリネ..
from Back to Back
The Luxe Man..
from まんぼトラベル
Karma Kandar..
from カユマニスの香りに誘われて
KARMA KANDAR..
from カユマニスの香りに誘われて
KAYU MANIS U..
from * Happy Slow L..
Aquaterrace ..
from カユマニスの香りに誘われて
ときめきの時間~Karm..
from * Happy Slow L..
思い出は pricele..
from カユマニスの香りに誘われて

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...

フォロー中のブログ

じぶん日記
minum kopi l...
portagioie
BAGUS!
それいけ!めんたいこちゃ...
Kesayangan!
ウブドな日々
もひょつんち
ぷかぷか
ばりぼ~♪
***よくばり***
アソビザカリ
渡バリ病棟
il diamante
天国の入り口
VAMOS!
マシマシライフ
ばりちゅう
もっと歩々晴天
Pieces of Bali
道楽のススメ
bunga☆bunga
マーブル日記
Sky is the l...
まんぼトラベル
ウブドの宿Runa Gu...
マジカル☆キャットのまた...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
* Happy Slow...
カユマニスの香りに誘われて
a window
ジェット機に乗って

マイリンク

検索

タグ

(188)
(71)
(34)
(30)
(26)
(26)
(26)
(25)
(23)
(21)
(16)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(6)
(5)
(3)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧