カテゴリ:イタリア( 34 )

シチリア2日目(パレルモ)-ディナー-

シチリアで初めてのディナーはトラットリア・ビオンド。
b0101284_21541080.jpg

日曜に営業しているお店の中で、評判の良さそうなところを探したらここになりました。
観光客だけでなく、パレルモっ子にも人気だそうです。

b0101284_21221615.jpg

空いてそうに見えますが、撮影したのは入店してすぐの20時頃。こちらではまだまだ宵の口の時間です。
21時過ぎにはほぼ満席となりました。

More
[PR]
by bettina777 | 2010-06-15 00:47 | イタリア

シチリア2日目(パレルモ)-市内観光バス-

b0101284_22363076.jpg

2階建てバスに乗ってパレルモ旧市街を一周しましょう。(こんな写真しかなくて失礼!)

b0101284_22242735.jpg

イヤホンでの日本語ガイド付き。チケットは24時間有効で、その間何度でも乗降可能。
要所ごとにバス停もあるので、通常のバスとしても利用出来ます。
出発地点はポリテアマ劇場前。

More
[PR]
by bettina777 | 2010-06-08 22:20 | イタリア

シチリア2日目(パレルモ)-午後の散策-

ランチの後は街歩き開始です。
この日はあいにく日曜日。教会など主要な観光スポットはだいたい閉館しています。
その為、ほんとにただの街歩きですが、それでも見所はいっぱい。

b0101284_21372211.jpg

こちらはプレートリア広場。16世紀に作られた大きな噴水が中央にあります。
当初、フィレンツェの邸宅に設置される予定だったのが、パレルモに売り払われたそうです。
確かになんとなく取って付けた感あり。


b0101284_2138251.jpg

クアットロ・カンティ。四つ辻という意味です。
スペイン支配下の17世紀、街の大改造が行われました。
その時に整備された旧市街から新市街へ北上するマクエダ通りと、東端の港から西の王宮へ向かうヴィットリオ・エマヌエーレ通り。この二本の主要道路が交差するのがこの四つ角です。ここ接する4つの建物は角が湾曲状にくりぬかれたようになっていて、各ファサードにはバロック彫刻が飾られています。


b0101284_21382853.jpg

4つのファサード共、1階から順に、四季を寓意する噴水、4人のスペイン国王、市の守護聖女が設置されています。
今でも多くの車や人が往来し、旧市街の中心をなしています。

More
[PR]
by bettina777 | 2010-06-01 22:08 | イタリア

シチリア2日目(パレルモ)-Antica Focacceria San Francescoでランチ-

さて、蚤の市を後にして、ランチへと向かいましょう。
手始めはB級グルメ。(というかこの旅通して、高級レストランにはついぞ足を運びませんでしたが。。)

b0101284_22183893.jpg

Antica Focacceria San Francesco(アンティカ・フォカッチェリア・サン・フランチェスコ)という有名店です。
フォカッチェリアというとフォカッチャ屋さんてことになると思うのだけど、デリも扱っているお店です。


b0101284_22185157.jpg

なんと1834年創業という老舗中の老舗。外観からして、趣きがあります。

More
[PR]
by bettina777 | 2010-05-28 00:11 | イタリア

パレルモ-2日目午前中-

なんだか、味も素っ気も無いタイトルですが、時系列アップなので致し方ありません。

パレルモ到着の翌朝。

b0101284_03289.jpg

朝からデザートビュッフェ・・・ではありません。
メルキュールの朝食ですよ~。
スイーツがこんなに充実しているならさぞや種類が豊富なのかと思いきや、さにあらず。
あとはパンが数種類とハムやチーズが2、3種類ずつあるだけ。野菜はプチトマトのみ。イタリアではスタンダードな品揃えと言っていいでしょう。

b0101284_0324915.jpg
b0101284_0325930.jpg

スイーツに目が無い私も、朝からそんなに食べられないので、チョイスしたのは普通のパンばかり。
これが結構美味しいんです。イタリアはパンがあまり美味しくないというのが通説なのですが、シチリアはどこもハズレがありませんでした。

さて、いよいよ街へ繰り出しましょう!

More
[PR]
by bettina777 | 2010-05-25 22:36 | イタリア

パレルモ-到着日の晩-

シチリアの旅。まずは、州都パレルモからスタートしました。(シチリアの概要はこちらにて、ご覧ください。)
今回の日程はパレルモ3泊、アグリジェント1泊、ラグーザ1泊、タオルミーナ2泊。
島の北東にあるパレルモから海沿いに南下して、グルッと西海岸まで移動。島をほぼ2/3周する行程です。

エアは昨年より新会社になったアリタリア-イタリア航空にてまずはローマへ。乗り継ぎ後、パレルモのファルコーネ・ボルッセリーノ空港へ。(ちなみにこの空港名はマフィア撲滅を目指して殉職した2人の判事の名前に由来するそうです。)


b0101284_20374788.jpg

瞬く灯りは夢にまで見たパレルモの街!
ランディングした時は、ローカルさん達に混じって私も思わず拍手してしまいました。
(イタリアの国内線では着陸時に機内で拍手喝采が起こるんですよ~。)
到着したのは22:30頃。

More
[PR]
by bettina777 | 2010-05-20 00:03 | イタリア

シチリア上陸、達成!!

あの悪夢の後、しばらくは様子見かなと思っていたシチリアリベンジが、思いのほか早く叶い昨日帰国しました!
ベッティーノの仕事の都合で急遽日程を早めることになり、あれよあれよという間に行って来てしまいました。
今回も出発日はスペインで、帰国してみればイギリスで、またも空港閉鎖が発生していたのに、予定通りに日程をこなすことが出来たのは、ひとえにシチリアの神様、そして皆さんのおかげでございます~、よよよ。(泣)

b0101284_130241.jpg


シチリア。
一言では表現出来ない、いくつもの顔を持つ島でした。
その複雑さ故に、魅了されますます深く知りたくなりました。
リピート間違い無しです。(でも、モルと一緒で次はいつになるやら。。。)
この島をどのようにレポしていくか非常に悩ましいのですが、時系列でアップしていくのが一番かと思います。
素直に感じたままをお伝えしていきますね。

とりあえず、今日はもう遅いので帰国報告のみで。
でも、ちっとも眠くないのよね。時差ボケなのかしら~。
[PR]
by bettina777 | 2010-05-18 02:19 | イタリア

三度目の正直を目指して

毎度、ご無沙汰しております。
私は旅行が近づくとソワソワして何も手につかなくなり、ブログ更新が停滞する傾向にあります。(最近は日常的なサボりも多いですけど。)
今回もそうでした。
でも、今日こうしてアップしているのは帰国報告ではありません。
行けませんでした、なのです。

ピンと来た方もいらっしゃるかしら?
そう、今世界を騒がしているアイスランドの噴火に阻まれてしまったのです~!(泣)
今回は私がバリと同様に愛して止まないイタリアへ飛ぶ予定だったのに。

それは昨日のこと。
[PR]
by bettina777 | 2010-04-18 23:42 | イタリア

縁の下の力持ち

ジオさんのぞうさんに会いたい!にあったオベリスクを見てふと思い出したものがあります。
あちらは象さんでしたが私のはカメシリーズ。(って言っても2つだけ)
b0101284_21551721.jpg

これはフィレンツェはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会前の広場にある石柱を支えるカメ。がんばってます。
でも、支えてると言うより下敷きになってるようにしか見えないのですが。。
ちなみにハトはホンモノですので。

同じくカメくん、こんなものの下敷きにもなってます。
b0101284_2213714.jpgうちではこの彫像のことをドスコイくんと呼んでますが正確にはお酒の神様バッカスです。酔った勢いでそんな乱暴な。。カメをイジメると浦島太郎に怒られますよ、バッカスさん。
ちなみにこれもフィレンツェ、ボーボリ庭園にあります。

こんなのもあります。
b0101284_22251184.jpgどうですか?このフィレンツェ人の洒落ゴコロ。(これはシニョリーア広場にあります。)
まさに地に足着いてます。いや、着いてないのか。
[PR]
by bettina777 | 2006-07-26 21:47 | イタリア

石の文化 Part2

昨日に引き続き、フィレンツェの街角に残る歴史の足跡をたどって
みましょう。
ドゥオモを正面に見て、右手から裏側へ回っていくと地面にこんなプレートが
あります。
b0101284_5352673.jpgb0101284_5354638.jpg

これは昨日お話しした、サヴォナローラの火刑記念碑と違って、
碑文は刻まれていません。
ツルッとしたまあるい石なのですがこれもある記念碑なのです。
ドゥオモの丸屋根のてっぺんには黄金の球状の飾りがついています。
b0101284_5535072.jpg
これがなんと、ある日落雷で地上に落っこちて来たそうです。それを記念して落下した場所にプレートを作ったんだとか。そんなものを記念して碑を作っちゃうイタリア人っておちゃめですよねー?


続いて。壁に埋め込まれたこの四角いプレートはなんでしょ?
b0101284_559799.jpg私は背が高い方ですが、その私が手で指し示しているこの高さ、ざっと2mといったところです。


b0101284_5594340.jpgプレートには「1966年11月4日、アルノ川の水がここまで達する」と
書かれている・・・んだと思います。
(たぶん)
つまり洪水記念碑というわけです。
これは1枚だけではなく街のあちこちで見つける事が出来ます。
この記念碑は作りたくなる気持ち、
ちょっと分かりますね。
被害にあって大変だったけど、でもこーんなとこまで水被ちゃったんだよ!
すごくなぁ~い?と言いたげじゃないですか。

有名なポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)が架けられているアルノ川は、
過去幾度となく氾濫しています。街が最後に浸水の被害にあったのが
1966年です。
この時は街中が水浸しになり、多くの貴重な美術品も相当なダメージを
受けたのだとか。
40年経った今でもなお、たくさんの作品達が修復を待っているとのこと。
芸術作品の宝庫であるが故の苦労もあるのですね。

2日に渡ってお贈りしたフィレンツェこぼれ話はこれでおしまい。
以上のお話の多くはこちらのサイトを参考にさせていただきました。
石田雅芳のフィレンツェ藝術逍遥
他にも楽しいエピソードがいろいろ載ってますよ。
[PR]
by bettina777 | 2006-06-23 22:06 | イタリア


シチリア&バリレポ同時進行中


by bettina777

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつれづれ
バリ
バリ-ホテル-
バリ-スパ-
バリ-食-
イタリア
香港
香港-ホテル-
香港-食-
モルディブ
モルディブ-ソネバフシ-
国内-ホテル-
国内-お宿-
国内-食-
国内-ぶらぶら-
おうちごはん
クリスマス
ひとりごと
アニキ
モケちゃん
未分類

最新のトラックバック

ワンダフルルーム?@W ..
from minum kopi lagi?
今日はバリルネ@外苑前
from Kesayangan!
バリ飯&青トマトのマリネ..
from Back to Back
The Luxe Man..
from まんぼトラベル
Karma Kandar..
from カユマニスの香りに誘われて
KARMA KANDAR..
from カユマニスの香りに誘われて
KAYU MANIS U..
from * Happy Slow L..
Aquaterrace ..
from カユマニスの香りに誘われて
ときめきの時間~Karm..
from * Happy Slow L..
思い出は pricele..
from カユマニスの香りに誘われて

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...

フォロー中のブログ

じぶん日記
minum kopi l...
portagioie
BAGUS!
それいけ!めんたいこちゃ...
Kesayangan!
ウブドな日々
もひょつんち
ぷかぷか
ばりぼ~♪
***よくばり***
アソビザカリ
渡バリ病棟
il diamante
天国の入り口
VAMOS!
マシマシライフ
ばりちゅう
もっと歩々晴天
Pieces of Bali
道楽のススメ
bunga☆bunga
マーブル日記
Sky is the l...
まんぼトラベル
ウブドの宿Runa Gu...
マジカル☆キャットのまた...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
* Happy Slow...
カユマニスの香りに誘われて
a window
ジェット機に乗って

マイリンク

タグ

(188)
(71)
(34)
(30)
(26)
(26)
(26)
(25)
(23)
(21)
(16)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(6)
(5)
(3)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧