帰国報告

シチリアレポを投げ出して、バリに行ってまいりました。
1年3ヶ月ぶりのバリ。変わらない一面もあれば、変貌を遂げている一面もありました。
滞在先はいずれも心に残る素晴らしいホテルばかり・・・たった1軒を除いては。(汗)
その話は次回にでも報告することにしましょう。
続々とオープンしているラグジュアリーなホテルが気になりつつも、そこは見学だけに留め(予算も無いし~)、思い出のヴィラにリピートしたり、初めて訪れた町にも滞在しました。
当分はシチリアレポと並行でお送りしますが、どうかご容赦を~。

b0101284_7185710.jpg

初エリアの静かなビーチ。私って自分が思っている以上に田舎LOVEなのかも。。。
[PR]
# by bettina777 | 2010-08-18 07:23 | バリ

シチリア5日目-カルタジローネ-

ピアッツァ・アルメリーナからほど近い丘の上の町、カルタジローネ。
イタリアのどこにでもありそうな小さい町ながら、陶器で広く世に知られています。
近郊の山から上質の粘土が取れたのでしょう、古くから陶器は製作されていました。
9世紀、アラブ人によってマジョルカ焼きがもたらされると、町の名産として定着しました。

b0101284_2132318.jpg

中心地には陶器のお土産屋が軒を連ね、
b0101284_21321491.jpg

教会のクーポラも、
b0101284_21322344.jpg

標識も、
b0101284_21322080.jpg

そして塀にまでマジョルカ焼きが用いられています。

そして、町一番の自慢はコレ!
[PR]
# by bettina777 | 2010-08-04 23:44 | イタリア

シチリア5日目-アグリジェント、ピアッツァ・アルメリーナ-

一夜明け、アグリジェントの神殿の谷を見学します。
ギリシャ植民時代の遺跡群が残るエリアで、世界遺産にも指定されています。

b0101284_19472145.jpg

まずはユノ・ラキニア神殿。
ユノ(ヘラ)はギリシャ神話に出てくる女神で、船乗りの守護神。
今でこそ、緑にしっくり溶け込んでいますが、当時は真っ白な漆喰で覆われていたので、さぞや威厳を放っていたことでしょう。

b0101284_1950970.jpg

ここは一番高台にある為、神殿の谷が一望出来ます。
谷と呼ばれていますが、実は尾根に沿って神殿が連なっています。

b0101284_19501432.jpg

海も見通せます。エリチェもそうでしたが、神殿は見晴らしのいい地に建立されるのですね。

More
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-28 00:26 | イタリア

シチリア4日目-ディナー-

マルサラからさらに車を飛ばします。
b0101284_2331720.jpg

b0101284_233195.jpg

車窓からの眺めを楽しんでいるうちに、本日の宿泊先アグリジェントに到着。

b0101284_23305440.jpg

アグリジェントは神殿の町。でも見学は明日のお楽しみ。

More
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-26 00:18 | イタリア

シチリア4日目-ランチなど-

エリチェを後にして向かったのはオリーブオイルファクトリー。
ファクトリー見学後、ランチもいただきます。
b0101284_2231716.jpg

オリーブ畑の中を走り
b0101284_2231383.jpg

目的地に到着。

b0101284_22312653.jpg

とてもかわいらしいアグリツーリズモのようなファクトリーです。

More
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-23 21:20 | イタリア

シチリア4日目-エリチェ-

シチリア4日目。今日はいよいよパレルモを離れます。
ドライバーが迎えに来てくれましたが、他のゲストはいません。車も乗用車。
今回の旅はツアーなので、同行者がいるかもしれないと聞いていたのですが、結局我々だけでした。
まずはシチリアのほぼ西端に当たるエリチェという街を目指します。

b0101284_21514356.jpg

1時間ほど走ると、岩山が見えてきました。エリチェの町はこの切り立った断崖の頂にあります。
標高751m。古代より女神を奉る聖地でありました。

・・・・ところが、あとわずかという地点でいきなり交通事故発生!
後ろからおじいさんドライバーに追突されてしまったのです。
と言っても、ごく軽い事故。

b0101284_22492179.jpg

背中を向けてるのが我がドライバー。何やらまくしたててましたが、おじいさんは「まぁまぁお若いの、カスったぐらいでガミガミ言うもんじゃないよ。」とでも言いたげ。確かに我らの新品同様なフィアット車は塗装が若干ハゲた程度。むしろ、あちらの年季の入った車の方はヘコミも出来てる。「文句を言いたいのはワシじゃよ~。」とおじいさんは思っていたかもしれません。
とにかくケガ人が出なくて何よりでした。

b0101284_21522965.jpg

さて、ちょっと時間を食ってしまいましたが、ようやくエリチェの入口トラーパニ門に到着。
ここからは徒歩で散策。30分もあれば一周出来てしまうほどの小さな町です。

More
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-17 07:56 | イタリア

シチリア3日目(パレルモ)-ディナー-

b0101284_2157507.jpg

パレルモ最後の夕食はジジ・マンジャというお店で。

b0101284_21581412.jpg

こじんまりしたお店です。屋外のテーブルもあるのですが、昼は真夏のように暑くても、夜は急激に冷えるので店内に席を取りました。


b0101284_21583398.jpg

カルパッチョの盛り合わせ。タコやマグロや何かの魚卵など。
どれも軽くスモークしてあります。

b0101284_2159331.jpg

これはアンティパストミストのようなもの。(メニュー名、失念)
詳細は忘れたけど、ズッキーニなどにチーズの詰め物が入っていてみんな美味しい!


b0101284_21592267.jpg

ボッタルガ(からすみ)のパスタ。
ここまでは完璧!評判のお店だそうで、どれもハズレ無し。

b0101284_21593974.jpg

メインは蟹のグリル。
説明してくれたお兄ちゃんはキングクラブと言ってましたが、日本でいうタラバ蟹でしょうか?
でも、これって北の海で獲れるものよねぇ。
美味しくないわけじゃないけど、何もシチリアで食べなくっても、な1品。チョイスをミスっちゃいました。
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-13 00:48 | イタリア

シチリア3日目(パレルモ)-旧市街観光その5-

なかなかパレルモから進まないので、サクサク進めます。

b0101284_14421589.jpg

カテドラル。1184年に創建されたシチリア・ノルマン様式の聖堂です。
後に増改築された為、複雑な構造になっています。

b0101284_14425971.jpg

聖堂とお隣の大司教館の間にはアーチがかかっています。この下には道路が走っています。

b0101284_14432149.jpg


b0101284_14434552.jpg

このあたりはイスラム風。

b0101284_0182680.jpg

エントランス周りのファサードは後世のゴシック様式。
どこかの柱にはコーランが刻まれているそうですが、残念ながら見つけられませんでした。


b0101284_14441752.jpg

聖堂内は一転してこざっぱりしたネオクラシック様式。18世紀に改装されました。
規模は大きいけど、パラティーナ礼拝堂で珠玉のモザイク画を見た後では物足らなさを感じてしまいます。

b0101284_1445543.jpg

堂内の見学はそこそこにして、一角にある王家の霊廟へ。
ここにはルッジェーロ2世を初め王族達が眠っています。
この棺はフェデリーコ2世。
ルッジェーロ2世の娘を母に、ホーエンシュタウフェン朝のハインリヒ6世を父に持つ名君。
頭脳明晰、持ち前の好奇心で多くの学問を身に着け、9ヶ国語を話したフェデリーコ2世はまさに国際都市パレルモの申し子。祖父と同様異教徒に寛大で、教皇の命令でしぶしぶ十字軍として遠征したエルサレムでは無血でスルタンと和解。中世ヨーロッパで初の法典を発布し、帝国議会を開催するなど、その合理的な国政により「王座の最初の近代人」と呼ばれています。しかし、当時としては数世紀も先んじていた為教皇に危険人物と見なされ、晩年は教皇派との戦いに明け暮れます。
現代にも通じる偉大な王を生み出した中世のパレルモという都市が、いかに先進的であったかは推して知るべしです。

畏怖の念を覚えたのか、つい画像がブレてしまいました。
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-12 22:13 | イタリア

シチリア3日目(パレルモ)-ランチとドルチェ-

ノルマン王宮の周辺にはあまりレストランがありません。
歩いていて見つけたピッチェリアで軽く済ませることにしました。
b0101284_22374193.jpg



高低差があるので見えませんが、お店の正面が王宮です。
b0101284_22381927.jpg

ピザはシンプルなマルゲリータ。乾燥バジルだ。。。(汗)
あまり期待していなかったけど、生地が香ばしくてなかなか美味しい。

b0101284_22383814.jpg

ムール貝。小ぶりでアッサリしてるけどコクもあり、これも美味。

b0101284_22405836.jpg

食後はもちろんドルチェでしょう。こちらはヌオーヴァ門の近くの裏道にあるパスティッチェリア。
テークアウトのみのスイーツショップです。

b0101284_22404359.jpg

ケーキが美味しそう!でも、まだ見学途中なので持ち帰りは出来ません。(泣)

b0101284_22391198.jpg

我々はジェラートを。

b0101284_22394242.jpg

すみません、食べかけで。
イチゴです。ん~甘酸っぱくてイチゴの風味が爽やか。

b0101284_22401517.jpg

こちらはグラニータ、シャーベットですね。
でも柑橘系フレーバーではなくてピスタチオです!ナッツのグラニータは初めて。
もちろんシャバシャバして水分が多いのだけど、ただ水っぽいだけじゃなくてピスタチオの香ばしさはしっかり感じられます。これは暑い盛りにはぴったりです。
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-10 10:03 | イタリア

シチリア3日目(パレルモ)-旧市街観光その4-

ノルマン王宮見学の続きです。

b0101284_14385379.jpg

ノルマン王宮はパレルモ観光のハイライトだという話はしましたが、中でも一際注目を浴びるのがパラティーナ礼拝堂。王室専用の礼拝堂です。

b0101284_14394838.jpg

規模は小さい礼拝堂ですが、そのモザイク画は荘厳。マルトラーナ教会以上に完成度が高いです。
こちらは内陣(主祭壇部分)。ここより先は残念ながら立ち入り禁止。

b0101284_15111330.jpg

覗き込んで見ても、これが限界。真下に行って全てをじっくり鑑賞したい!

More
[PR]
# by bettina777 | 2010-07-05 22:20 | イタリア


シチリア&バリレポ同時進行中


by bettina777

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつれづれ
バリ
バリ-ホテル-
バリ-スパ-
バリ-食-
イタリア
香港
香港-ホテル-
香港-食-
モルディブ
モルディブ-ソネバフシ-
国内-ホテル-
国内-お宿-
国内-食-
国内-ぶらぶら-
おうちごはん
クリスマス
ひとりごと
アニキ
モケちゃん
未分類

最新のトラックバック

ワンダフルルーム?@W ..
from minum kopi lagi?
今日はバリルネ@外苑前
from Kesayangan!
バリ飯&青トマトのマリネ..
from Back to Back
The Luxe Man..
from まんぼトラベル
Karma Kandar..
from カユマニスの香りに誘われて
KARMA KANDAR..
from カユマニスの香りに誘われて
KAYU MANIS U..
from * Happy Slow L..
Aquaterrace ..
from カユマニスの香りに誘われて
ときめきの時間~Karm..
from * Happy Slow L..
思い出は pricele..
from カユマニスの香りに誘われて

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...

お気に入りブログ

じぶん日記
minum kopi l...
portagioie
BAGUS!
それいけ!めんたいこちゃ...
Kesayangan!
ウブドな日々
もひょつんち
ぷかぷか
ばりぼ~♪
***よくばり***
アソビザカリ
渡バリ病棟
il diamante
天国の入り口
VAMOS!
マシマシライフ
ばりちゅう
もっと歩々晴天
Pieces of Bali
道楽のススメ
bunga☆bunga
マーブル日記
Sky is the l...
まんぼトラベル
ウブドの宿Runa Gu...
マジカル☆キャットのまた...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
* Happy Slow...
カユマニスの香りに誘われて
a window
ジェット機に乗って

マイリンク

タグ

(188)
(71)
(34)
(30)
(26)
(26)
(26)
(25)
(23)
(21)
(16)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(6)
(5)
(3)
(2)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧