タグ:Ubud×Hotel ( 30 ) タグの人気記事

Four Seasons Bali at Sayan-プール編-

今日はFSSプール編です。が、ここで過ごした時もあいにくのお天気だし、人は多いしであまり写真を撮らなかったので軽めのレポになりますがご容赦を~。

アユン川沿いに位置するFSSのパブリックプール。
2段になっていますが、大きさはどちらかというとこじんまりしてます。
b0101284_19304933.jpg


b0101284_19315430.jpg

デッキチェアはもちろんプールサイドにもあるのですがいっぱいだったので、川沿いを陣取りました。こっちの方が誰もいなくてゆっくり寛げます。聞こえるのは川のせせらぎと鳥の声だけ。ちょっと涼し過ぎだけど、それでも気持ちいい風が肌に心地よくついうとうとしたくなります。

b0101284_19324544.jpg

川岸に下りてみました。

b0101284_1934199.jpg

渓谷の中腹に建物がちょっとだけ見えていますが、あれもFSSのヴィラ。プールそのものが敷地の端の方にあるのに、さらにそのずっと奥にあるなんて、レセプションから一体どれだけ離れているのでしょう。まさにお篭りするためのヴィラですね。たぶんこちらは最高級のRoyal Villaだと思われます。

b0101284_19372492.jpgb0101284_1938894.jpg
川辺からプールを見上げます。右の写真はプールサイドにあるリバーサイドカフェの厨房。ピザ釜からの煙が立ち上っています。そろそろお昼時だし、私達もランチをいただきましょうか。

何食べようかな?
[PR]
by bettina777 | 2007-11-09 22:42 | バリ-ホテル-

Four Seasons Bali at Sayan-パブリックエリア編-

前回のFour Seasons Bali at Sayanのお部屋(Suite)編は楽しんでいただけましたでしょうか?
実は行くまでお部屋には期待していなかったのですが、随所でさすがFSと唸らされました。インテリアや建材もひとつひとつに重厚感があり、調度品のアンティークにもFSの風格を感じました。そして充実したアメニティやファシリティの数々。ほんとはもっと詳細を紹介したいところなんだけど、写真が無いのです~、というか撮る時間がありませんでした。
なぜかと言えば、それはやっぱりお部屋以上にパブリックスペースがすばらしかったからに尽きるでしょう。2泊したうち夕食以外はほぼホテル内で過ごしたにもかかわらず、屋外にばかりいてあまり部屋にはいなかったのです。
ということで、今日はあさんぽ(念のため注:朝+散歩の造語。バリでの朝の散歩が大好きなベッティーナ家で自然と生まれた言葉です。最近、広まりつつあってちょっと嬉しい今日この頃♪)にてその優雅なパブリックスペースをとくとご覧あれ~。
でも、毎度同じ言い訳をしてますが、お天気に恵まれずほとんどがボヤーとした写真でうっとり度半減なのです。スビバセン。。。

b0101284_22264239.jpg

まずはお約束のこちら。FSSと言えばこのロビーフロアですよね。バーカウンター越しに一面のジャングルが見渡せます。

b0101284_22281880.jpg

一番の特等席はこのシート。ご覧のとおり全く遮るものの無い大パノラマが望めます。
ジャングルに手が届きそう。

b0101284_2230083.jpg

正面の眺め。この写真では伝わりませんが、この景色ってありそうでなかなか無いと思います。なぜって距離感が絶妙なんですよ。この下にはガーデンやアユンリバーがあって、その向こうにこのジャングルがあるので、適度な空間が保たれているのです。だから手に取るような迫力がありながら、目の前の鬱蒼とした樹木が邪魔して見晴らしが利かない、ということもないのです。計算しつくされた景観ですね。

b0101284_0211920.jpg

2日目は少しだけ朝陽を拝むことが出来ました。なんと清々しい空気!

こちらからの眺めもきれい!
[PR]
by bettina777 | 2007-11-08 22:42 | バリ-ホテル-

サヤンの渓谷に抱かれて

さて、ランダムアップと言いながらも結局はほぼ時系列どおりに進んでいる8月のバリレポですが、カユヌサの次はこちらも憧れだったFour Seasons Bali at Sayanへと移動しました。FSサヤンも初めてなら、サヤン地区自体初めての滞在となります。アユン川と緑深い渓谷を持ち、ウブドの中でも一際神秘的なこのエリア。さて、どんな感動が私を待ち受けているのでしょうか?

b0101284_22452618.jpg

車寄せに降り立ち、橋を渡ると有名なまあるい蓮池が見えて来ます。アユン川対岸のジャングルをのぞむすばらしい眺め。以前、お茶しに来たことがあるので初めて見るわけではないけど、何度見てもやはりすばらしいです。
b0101284_2246450.jpg

テーブルセッティングが設えてありますね。
こちらではディナーをいただくことも可能なようです。

b0101284_22465888.jpg

階下のレセプションにてウェルカムドリンクをいただきます。
ここからの眺めがまた最高!ジャングルが手に取るように間近に見られます。

今回宿泊したのはSUITEというホテル棟のお部屋。ええ、ヴィラはとても無理ですから。
b0101284_15474083.jpg

SUITEはフラットとメゾネットの2タイプあります。私の部屋はメゾネットでした。
これは庭側から見たところ。

More
[PR]
by bettina777 | 2007-11-05 23:53 | バリ-ホテル-

チェディ・クラブで田圃比べ

3月に滞在したチェディクラブ。GWにもお茶だけしに行って来ました。
あのレストランでまったりしたいっていうのもあったけど、それ以上に確かめたいことがあったのです。そう、稲の生育状態。そこで3月中旬と5月初旬の田圃を徹底比較!
それぞれ時間帯やお天気も違うし、3月には1日目と2日目で状態が変わったので(詳しくはコチラ)同じ方面を撮ってるのに丸刈りだったり水田だったりしてるから、印象変わってきちゃうかもしれません。でも、3月のこの直後に田植えが行われたであろうと思われますので、植えてから1ヶ月半で右の写真くらいには育つものだということは、おわかりいただけるかなと。

以下左が3月中旬、右が5月初旬の写真です。
b0101284_1722242.jpgb0101284_17313548.jpg
レストランを右に望む位置から。


b0101284_17233622.jpgb0101284_17291450.jpg
レストランからSPA、ジム棟を見たところ。


b0101284_17242125.jpgb0101284_17262526.jpg
桟敷席から。(ひとつ前の写真とほぼ同位置。やや右に視線をずらしただけです。)


b0101284_1725754.jpgb0101284_1727698.jpg
田圃に向って縦長に位置するレストランの一番つきあたりから。


b0101284_17385485.jpgb0101284_1739385.jpg
3月にフサフサに育っていた稲たち(奥の方)は逆に黄金色になっていました。

稲の成長具合は確認していただけるかもしれませんが、毎年同じサイクルで周っているとは限らないと思うので、来年のこの時期に同じ状態かどうかは不明です。
こうやって比較するとやっぱり田圃は青い方がいいとは思いますが、お庭は3月滞在時の方がダンゼン美しゅうございました!緑も濃く、花もたくさん咲き乱れ植物全てがイキイキしてました。そして、ここなら雨の景色もきっと風情があるに違いありません。ということで、1年を通してそれぞれの時期に楽しめるチェディクラブだなということを再確認して、再訪を誓ったのでありました。(もちろん予定は未定)

ちなみにこの中間の時期、4月中旬の様子はタイチョのとこでご確認いただけますー。
そして、5月に私が訪問した日とほぼ同時期(数日違い?)でお泊りになったバリバリさんのレポもご覧くださいませ。
[PR]
by bettina777 | 2007-07-29 18:46 | バリ-ホテル-

唯一無二のエステート

PATAL KIKIANを見学した日、ウブドはニュークニンにあるお宿も拝見しました。
こちらはタイチョことla_viajeraさんがお泊りになって、興味を抱いた
LindaGarland's Estateです。
って言っても、長期滞在中のタイチョでしたから、レポがアップされる前だったのですが、
見学されたgunungさんのレポでここの存在を知り、さらにHPを見てなんだかとっても惹かれたので、是非とも見学したい!ということで突入して来ました。
残念ながらお部屋は全てふさがっていたのですが、見せていただいたパブリックエリアだけでも、十分に独特の雰囲気を堪能することが出来ました。

b0101284_016574.jpg

ゲートを入るとすぐにこのお宿のシンボルツリー、竹の寄せ植え(?)が目に入ります。
こちらのオーナーであるアイルランド出身のリンダ・ガーランドさんはバンブーの権威だそうで、竹製の家具などもデザインしている有名な方だそう。(全然知りませんでしたっ。)

室内を覗いてみましょう。
[PR]
by bettina777 | 2007-07-07 22:28 | バリ-ホテル-

鼻と花

チェディのお庭にはたくさんの象(主にガネーシャ)たちがいます。って本物はいませんけど。
たぶん、元所有者のご趣味なのかな?そのコレクションをご紹介。
b0101284_21403370.jpgb0101284_21405844.jpg


b0101284_2142186.jpgb0101284_21421688.jpg


b0101284_21433042.jpg


b0101284_21435856.jpg
          なんと屋根の上にまで!

そして・・・
[PR]
by bettina777 | 2007-04-10 21:44 | バリ-ホテル-

The Chedi Club at Tanah Gajah, Ubud-プール編-

今日のチェディレポ、レストランと並んですばらしいと評判のプール編です。

b0101284_1436393.jpg


b0101284_14374650.jpg

      こんなデイベッドもあったのですが・・・

b0101284_14315467.jpg

      やっぱりデッキチェアを選びました。

b0101284_1440812.jpg

      横になると正面に見えるのは象の割れ門。

b0101284_14322768.jpg

      すぐに、冷たいおしぼりやフェイスミスト等も運ばれてきます。

b0101284_1434046.jpg

そして、やはりコンプリメンタリーになっているドリンク類をオーダー。これはフレッシュライムソーダ。他にもフレッシュジュースやフレーバーアイスティーなどがあります。アルコールはビンタンのみ。もちろん有料で他の飲み物もオーダー可能です。     

b0101284_16115386.jpg

これは別のときにプールパビリオン(デイベッドの後ろに写ってるテーブル席)でいただいた
PURPLE QUENCHERというチェディの特製ドリンク。パープルバジル、ライムが入ったソーダです。これサッパリしておいしかったー!

b0101284_14344159.jpg


b0101284_144383.jpg

誰もいないのをいいことにプールに入って撮影をしてみました。この両端の象、悩殺ポーズを決めてます。

とっても開放感のあるプール、1日中ここで過ごしていたいくらい極楽でした~。
[PR]
by bettina777 | 2007-04-08 14:20 | バリ-ホテル-

The Chedi Club at Tanah Gajah, Ubud-レストラン編-

チェディ・クラブと言えば、やはりこのレストランが一番の花形でしょうか。
b0101284_22502820.jpg

b0101284_15381918.jpg


3方向をライスフィールドで囲まれたレストラン。(そのうち一方は厨房があるため眺めとしては2方向かな)遠くから見るとほんとに田圃の中に浮かんでいるように見えます。
しかし、既に報告したとおり、残念ながら今回はレストラン周辺が見事に丸刈りー田。
b0101284_2246236.jpg



それでも田圃かぶりつきのテーブルを陣取って、朝食をいただくことにしました。
b0101284_1539561.jpg

席についてあることに気づきました。
b0101284_15561568.jpg

         目の前ではちょうど耕し始めたところ。

b0101284_15572620.jpg

          遠くの田んぼは青々
     
b0101284_15575757.jpg
      
          耕してるすぐ右隣では収穫真っ最中。

・・・と稲作の全過程が同時進行中ではありませんか!
こんな光景が見られるなんてまさにThat's BALI!
そよそよと稲穂が風にそよぐただひたすら青くて静かな田んぼももちろん大好きです。
でも、おしゃべりしながら楽しそうに稲を刈るおばさん達に手を振ったり、
鍬を振るうおじいちゃんのつやつや光る背筋に見惚れたり、チップをせびられたり(!)する変化に富んだ田んぼもまた楽しいものだなと思えました。まるでショーステージみたい。

そして、翌朝。
b0101284_15413596.jpg

b0101284_15544350.jpg

前日、おじいちゃんが一生懸命耕していた、田圃に水が張られてきれいな水鏡に。

今日は人影もまばらで静かなだなと思ってたら、この子たちが出勤してきました。
b0101284_22444879.jpg

水鏡の田圃をスイスイと泳いだり、畦道で毛づくろいをしたり、グワッグワッとそれはそれは賑やか!
b0101284_124474.jpg

ベベッ・オンステージも前日同様、いつまでも見飽きないのでずいぶんと長居してしまいました。

さて朝食は・・・
[PR]
by bettina777 | 2007-04-07 00:21 | バリ-ホテル-

The Chedi Club at Tanah Gajah, Ubud-お部屋編-

今日はチェディ・クラブのロビー~お部屋までをご紹介します。
チェディ・クラブは全てのゲストにマイバトラーがつきます。滞在中一人のバトラーがずっと面倒を見てくれるというわけ。

チェックイン時は到着するとすぐにマイバトラーが出迎えてくれ、ロビーに通されます。
b0101284_210356.jpg


b0101284_2161373.jpgそしてこの銅鑼が高々と鳴らされ、ゲストが到着したことを告げるとともに、歓迎の意も表してくれます。(たぶん)


こちらのソファに座り、この記事で紹介したウェルカムドリンクとスイーツをいただきます。
b0101284_2111672.jpg


ロビーは全体的に赤茶色の色調で統一されています。
b0101284_2135676.jpg


b0101284_21121038.jpgb0101284_2112363.jpg

調度品は全てアンティーク。
古銭をつなげて作ったガネーシャ。             こちらは木馬。
まるで古美術店のよう。

b0101284_21135580.jpg
天井にも象が飛んでます。
元個人の別荘なだけあり、オーナー、ハディプラナ氏の趣味が色濃く反映されたインテリア。
ヒンドゥーテイストでもあり、なんとなくシノワズリテイストでもあり。スタイリッシュ路線のGHMグループの中にあって、他のホテルとはひと味違う独特の雰囲気があります。


ではお部屋へご案内しましょう。
[PR]
by bettina777 | 2007-03-31 22:28 | バリ-ホテル-

The Chedi Club at Tanah Gajah-あさんぽ編-

もう前回の写真でお分かりになった方も多いと思いますが、今回、ウブドでは象印(?)で有名なザ・チェディ・クラブ・アット・タナ・ガジャに宿泊しました。私の大好きなザ・レギャンと同じGHMグループです。しかし、元は個人の別荘だったこともあり、調度品にはアンティークを多用するなど、独特の雰囲気があります。
b0101284_2238772.jpg


こちらはstyさんましさんもお泊りになってるのでTB!!

さて、今日はまずあさんぽしながらチェディの主要エリアを駆け足で紹介しようと思います。
(念のため注:「あさんぽ」とは朝+散歩の造語です。日本では朝寝坊の私もバリでは夜明けとともに起き出し、散歩するのが日課になっています。)
このホテルはとっても敷地が広く、しかもだだっ広いだけじゃなく見所も盛りだくさんなのです。だからまず概要をつかんでいただいた後、アコモの詳細は後日個別にレポしていきますね。
今日はさわりだけの紹介なので物足りなさを感じるかもしれません、そのわりにはだらだら長いです。お時間あればおつきあいくださいませ~。

さて、下のマップをご覧ください。チェディでもらってきたのですが、もともと原紙も不鮮明な上、ちょっと細工したので読みづらくてすみません。アルファベットが各施設、数字がゲストルーム、そしてそのままルームNO.を表しています。グリーンで塗ってあるところは全てライスフィールドです。

b0101284_2217344.jpg

b0101284_22412950.jpg
ではこのマップを参照していただきつつ、エントランスから順にツアースタート!(赤い矢印のとおりに歩きます。)
まず、チェディを訪れると、ゲートを越えてすぐに駐車場がありそこで車を降ります。ここはちょっと拍子抜けするくらいこじんまりしてます。(MAP:O)ほんとにここがあのチェディかしら?と思うくらい狭く、不安を覚えながらも正面に見える細い階段を上って行きます。

b0101284_22421149.jpg
すると階段を上り切った門の向こうに突如美しく手入れされたお庭が広がります!(この写真では伝わりませんが。)
この演出なかなか心憎いですよね?チェックイン時はこの門までマイバトラーがバギーで出迎えてくれます。


b0101284_22494232.jpgそのまままっすぐ進むとロビー棟が正面に見えてきます。(MAP:K)ロビーは後日紹介するとしてそのまま左へ曲がりましょう。
b0101284_22532313.jpgb0101284_2254772.jpg
左に見えますのが~、 きれいに刈り込まれた芝生(とその向こうに小さめのライスフィールド)、右に見えますのが~、スパヴィラ(MAP:2~4)でございます。このスパヴィラはゲストルームです。プールは無いけどスパ設備があり、ここに泊まると毎日スパ三昧だそうですよ。

b0101284_2312286.jpgそして目の前にはこんな寛ぎスペースが見えてきます。(MAP:X)

このバレは大きな池に面していて、ソファでゆったり過ごすことも出来ます。b0101284_235727.jpgb0101284_2355213.jpg
b0101284_23192843.jpgそしてこのバレから池の対岸へと橋が渡してあり、その先にはこの敷地を元々別荘として所有していたハディプラナ氏のヴィラ(MAP:L)が見えます。今でも時々このヴィラで過ごされているようですよ。少し高い位置に建っているので、ここからの眺望は最高でしょうね。

ではバレから戻り、池を回遊する形で歩いて行きましょう。

b0101284_1334386.jpgおおっ、アグン山が見えますよ!うれしー!
b0101284_23251070.jpg先ほどの大きな池。ここには黒鳥と白鳥がいます。その様子はまた別レポで。

池を過ぎると、左にプールヴィラが並んでいます。うっ、外観の写真が無い。。(MAP:5~9)
このNO.5~NO.9の4棟がライスフィールドヴューのヴィラになります。他のエリアにもプールヴィラがありますが(MAP:10~14)、そちらはヴューは臨めないので予約される場合にはご注意を。
そのままさらに進むとゆる~い傾斜の上り坂になります。先ほど高い位置に見えていたハディプラナ氏のヴィラが右に見えてきます。そしてそこを回り込むと・・・

さて気になるあの様子は・・?
[PR]
by bettina777 | 2007-03-29 00:31 | バリ-ホテル-


シチリア&バリレポ同時進行中


by bettina777

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のつれづれ
バリ
バリ-ホテル-
バリ-スパ-
バリ-食-
イタリア
香港
香港-ホテル-
香港-食-
モルディブ
モルディブ-ソネバフシ-
国内-ホテル-
国内-お宿-
国内-食-
国内-ぶらぶら-
おうちごはん
クリスマス
ひとりごと
アニキ
モケちゃん
未分類

最新のトラックバック

ワンダフルルーム?@W ..
from minum kopi lagi?
今日はバリルネ@外苑前
from Kesayangan!
バリ飯&青トマトのマリネ..
from Back to Back
The Luxe Man..
from まんぼトラベル
Karma Kandar..
from カユマニスの香りに誘われて
KARMA KANDAR..
from カユマニスの香りに誘われて
KAYU MANIS U..
from * Happy Slow L..
Aquaterrace ..
from カユマニスの香りに誘われて
ときめきの時間~Karm..
from * Happy Slow L..
思い出は pricele..
from カユマニスの香りに誘われて

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...

フォロー中のブログ

じぶん日記
minum kopi l...
portagioie
BAGUS!
それいけ!めんたいこちゃ...
Kesayangan!
ウブドな日々
もひょつんち
ぷかぷか
ばりぼ~♪
***よくばり***
アソビザカリ
渡バリ病棟
il diamante
天国の入り口
VAMOS!
マシマシライフ
ばりちゅう
もっと歩々晴天
Aquaterrace ...
道楽のススメ
bunga☆bunga
マーブル日記
Sky is the l...
まんぼトラベル
ウブドの宿Runa Gu...
マジカル☆キャットのまた...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
* Happy Slow...
カユマニスの香りに誘われて
a window
ジェット機に乗って

マイリンク

タグ

(188)
(71)
(34)
(30)
(26)
(26)
(26)
(25)
(23)
(21)
(16)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(6)
(5)
(3)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧